どもー。

今日は休みの日ということで、
近所でミニ縁日が開催されていたので、
家族で出かけてきました。

ミニ縁日では、

・千本引き
・輪投げ
・おもちゃの金魚すくい

などがあったので、
息子のチョイスで、
輪投げと金魚すくいに
チャレンジしてました。
 
 
まずは、金魚すくい!
 
20160730_103438131
 
 
生きてる金魚じゃないから、
そんなにハードルは高くなかったようです。
何匹か、捕まえてました。
 
続いて、輪投げ。
 
 
20160730_102900644
 
 
3回投げれたけど、
1回もまともに投げれず、終了~!!
 
 
輪をめっちゃ、縦に投げてました笑
 
 
さて。
 
 
せどりでやってて、壁にぶつかるとすると、
次の2つだと思います。
 
 
・仕入れする商品が見つからない
・仕入れた商品がなかなか売れない
 
 
今回は、
「仕入れた商品がなかなか売れない」ことについて
書きたいと思います。
 
 
仕入れた商品が売れない場合は、
 
「商品の価格が売れる価格に改定されていない」
「売れるけど、出品者が多い」
「そもそも売れにくい」
 
というのが考えられます。
 
 
まず、売りたいなら、価格改定はこまめにすべきですね。
 
「売れるけど、出品者が多い」というのは、
仕入基準に出品者の数を
考慮していないことが考えられます。
 
 
「そもそも売れにくい」というのは
仕入れ基準が甘かったというのが考えられます。
 
 
仕入れ商品は、モノレートで相場や売れ方を確認して、
仕入れ基準を満たしているなら、仕入れをするわけですが、
そもそも、どんな商品が売れやすいのか?
 
 
まず、確実に売れるのが消耗品です。
 
何度でも同じ商品が必要となるので、
同じ人が何回も購入してくれます。
プリンタのインクや電球なんかがそうですね。
 
 
次、売れやすいのは、生活必需品です。
 
なければ、困るようなものなので、
常に一定数売れ続けます。
 
 
同じ人が何度も買うような商品は、
回転のいい商品と言えます。
 
 
売れなくて、価格競争に巻き込まれて、
利益がほとんどなく売るようになれば、
何のために仕入れしているのか
分からなくなります。
 
 
最初は、売れやすいものを仕入れることが重要です。
 
いつまでも売れないと、価格を無駄に下げたり、
売れなくて、仕入れに対して、臆病になったりします。
 
 
どんな商品が回転しやすいかを把握して、
売れやすい商品を仕入れしてみましょう。
 
 
では。
 
 
読んでいただいてありがとうございます。
 
 
メルマガも絶賛配信中!
 
登録はこちらから

 
 
コンサル生の近況はこんな感じです。
 
コンサル生のその後(1)
 
コンサル生のその後(2)
 
 
お問い合わせはこちらから
 
このブログが何位なのかチェックしてみてくださいね~
 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村



読んでいただいてありがとうございます。


せどり初心者は、
まずこれをしっかり読んでみよう!
↓↓↓




   



LINE@でも、せどり情報やリアルタイムなお知らせを流してます!
↓↓↓
友だち追加


お問い合わせはこちらから