ども。

Amazon刈り取りでガッツリ仕入れたときの
アドレナリンの出方が半端ない
ゆうえもんです。

早いもので、7月も終わりです。
今日から、8月です。
今年も7か月が過ぎたことになります。
 
 
せどり月収100万円は、
初心者の状態からわずか半年で
達成する方もいらっしゃいます。
 
 
せどりを始めて、半年経過して、
思ったような結果が得られないなら、
何か、せどりの取り組み方を
間違っている可能性があります。
 
 
思うような結果、つまり、
利益が上がっているかどうかが大切です。
 
 
それを判断するためには、
売上管理が必要になってきます。
 
 
せどりは、トータルで収支管理すればいいから、
売上管理なんて、不要だろうって話もありますが、
実際のところ、どうなんでしょうか?
 
 

せどりの売上管理は必要?

せどりの売上管理は必要?
せどりの売上管理は必要?

 
 
せどりの実践していくと、
売上管理をしなければ、収支を掴むことが
できません。
 
 
仕入金額の合計とアマゾンからの入金額で
大まかなお金の動きを把握することができます。
 
 
・10万円の仕入れをしました
・販売して、アマゾンから5万円の入金がありました

 
 
この場合、5万円と在庫が資産の合計となります。
 
 
この合計が10万円を超えていれば、その金額が
利益となります。
 
 
1か月間で、
仕入れた商品が全て売り切ることができれば、
分かりやすいですね。
 
 
10万円の仕入れで、アマゾンの入金額の合計が
12万円になっていれば、
利益額は、2万円だということになります。
 
 
しかし、仕入れた商品が
全て売れるのを待っていれば、
資金の回転が遅くなります。
通常は、入金された資金も使って
ドンドン資金を回していきます。
 
 
そうなると、
どれだけ儲かっているか分からないので、
やはり、
せどりも売上管理が必要だ
ということになります。
 
 
せどりで利益管理するために、
Excelで売上管理表をつけている人が多いです。
 
 
売上管理というと、難しいイメージを持ちそうですが、
やることは、簡単。
商品ごとに、単品管理をしていく感じですね。
 
 
・仕入金額
・仕入先
・販売金額
・Amazon手数料
・入金額

 
 
これをExcelに記入して、商品1個ずつに対して、
管理していくと言うやり方ですね。
 
 
ただ、このやり方は、
月に100点、200点ぐらいなら、
なんとか入力できるんですが、
1,000点、2,000点となると、
入力するだけで、かなりの手間になります。
 
 
売上管理の入力を行う時間に
結構、手間がとられ、しかも、
だんだんと入力するのが苦痛になっていきます。
 
 
売上管理は、仕入金額、入金額、利益、
そして、在庫金額を把握するのに、
必要ですが、管理が大変だということです。
 
 
では、どうするか?
 
 

売上管理をツールに任せる

売上管理をツールに任せる
売上管理をツールに任せる

 
 
売上管理自体をツールに任せるという
考え方です。
 
 
月に数十万円の売り上げだと、
売上管理ツールの導入は、
意味がないかもしれません。
その理由は、頑張れば、
自分で作業できる範囲なので。
 
 
何よりツールを購入するお金が
勿体ない。

 
 
しかし、月に200万円、300万円の売り上げとなると、
仕入のリサーチにも時間がかかり、
売上入力という非生産的な売上管理に時間をかけるのは、
非常に勿体ないです。
 
 
売上管理に1時間も2時間もかけるぐらいなら、
売上管理のツールを契約して、
仕入れリサーチに時間を充てましょう。
 
 
間違いなく、ツールに投資した費用以上に
利益を生み出すことができます。
 
 
私がオススメするのは、
安定して稼働しているツール
「プライスター」ですね。
 
 
「プライスター」ですね。
「プライスター」ですね。

 
 
導入すると、こんな感じで、
グラフ付きで売上が利益が
表示されます。
 
 
プライスターは、どう考えても見やすい!
 
 
プライスターは、どう考えても見やすい!
プライスターは、どう考えても見やすい!

 
 
せどりのツールもそうなんですが、
ツールって、ツールの機能以上に
大切な要素があります。
 
 
それは、バージョンされるかどうかです。
 
 
ツールを購入したは、言いけど、
まるで、バージョンアップされないツールは、
化石と一緒です。
 
 
特に、Amazonに依存したツールだとなおさらです。
何故なら、AmazonのAPIの仕様は変わるし、
Amazonサイトだって変わっていく。
 
 
その都度、ちゃんと対応してもらえるのかは、
かなり重要です。
 
 
そのためにも、多くの人が利用していて、
安定しているツールなのかが大切です。
 
 
その点、プライスターは、多くのせどらーが
愛用しており、今もなお、
多くの人が使い続けています。
 
 
無料のよく分からないツールを使って、
時間を浪費するぐらいなら、
圧倒的に使いやすい誰もが使っているツールを
導入するのに越したことはありません。

 
 
やらなくていい単純作業は、
人に任せる、または、ツールに任せる。
この発想が大きく稼ぐために必要です。
 
 
ある程度の売り上げがあがってくれば、
売上管理のツールを導入して、
売上管理は、ツール任せ

したほうがいいと言えます。
 
 
では。



読んでいただいてありがとうございます。


せどり初心者は、
まずこれをしっかり読んでみよう!
↓↓↓




   



LINE@でも、せどり情報やリアルタイムなお知らせを流してます!
↓↓↓
友だち追加


お問い合わせはこちらから