ども。
ゆうえもんです。

せどりブログをご覧いただきありがとうございます。
 
 
電脳せどりで稼ごうとして、なかなか仕入れる商品が
見つからないという話を聞きます。
 
 
せどり初心者がこれから電脳せどりを始めるにあたって、
やみくもにリサーチしても、
時間だけを無駄にしてしまいます。
 
 
電脳せどりのリサーチで、
時間を有効活用するためには、
ツールの活用が大切になってきます。
 
 
ツールというと、有料のツールが必要なのかと
思いがちですが、無料のツールでも
十分、効率化できるツールはあります。
 
 
今回は、Google Chromeの拡張機能である
電脳せどりのリサーチツール、
デルタトレーサ(DELTA Tracer)の
使い方や使うメリットについて、お伝えしたいと思います。
 
 

電脳せどりはツールが必要!無料でもいいツールはある

電脳せどりはツールが必要!無料でもいいツールはある
電脳せどりはツールが必要!無料でもいいツールはある

 
 
電脳せどりで稼ぐために、ツールは、もはや必須と言えます。
 
 
というのも、電脳せどりが割とメジャーなものになった今、
他のせどらーとの差別化が必要で、
差別化できなければ、お小遣いぐらいは稼げたとしても、
大きく稼ぐことはできません。
 
 
そこで、ツールを導入して、電脳せどりの
リサーチを効率化ていく必要があります。
 
 
電脳せどりのツールには、無料と有料がありますが、
有料は性能がよくて、無料は性能がよくない、
というわけではありません。
 
 
無料の電脳せどりツールでも、活用の仕方次第では、
十分、稼ぐことができます。
 
 
KEEPA(キーパ)なんかは、無料ツールですが、
 
「ホントに無料でいいの?」
 
って思うぐらい、素晴らしいツールだと思います。
 
 

 
 
無料ツールでありながら、どんどん進化を続けています。
KEEPAもいろんな機能が追加されました。
 
 

 
 
KEEPAは、Amazon在庫の過去の推移などを見たり、
Amazon刈り取りのために、利用しますが、
商品リサーチでクォリティの高いツールが、
「デルタトレーサ(DELTA Tracer)」です。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)もKEEPAも
ブラウザ[Google chrome]の拡張機能で
インストール方法は同じなので、
まだ、インストールしていない方は、
無料なので、インストールしてみるといいでしょう。
 
 

デルタトレーサ(DELTA Tracer)とは?

デルタトレーサ(DELTA Tracer)とは?
デルタトレーサ(DELTA Tracer)とは?

 
 
そもそも、デルタトレーサ(DELTA Tracer)とは
どんなツールなのか?
 
 
Amazonサイトでリサーチするときに、
いろんな情報を表示してくれるツールになります。
 
 
また、表示だけでなく、いろんなショップへのリンクもあり、
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を活用すれば、
リサーチ時間を効率化できるようになります。
 
 
同じようなツールは、
モノサーチやショッピングリサーチャーなどあるんですが、
それらをもし、今、使っていたしても、
デルタトレーサ(DELTA Tracer)に
乗り換えてもいいと言えるぐらいの機能が搭載されています。
 
 
どんな機能なのかというのと、使い方については、
のちほど、説明いたします。
 
 

デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法

デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法

 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)は、
Google Chromeの拡張機能になります。
 
 
インストール方法は、簡単です。
これから、説明していきますね。
 
 
まず、ブラウザ[Google Chrome]を起動します。
 
 
右上の[Google Chomeの設定]というところから、
[その他のツール][拡張機能]を選択します。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法

 
 
そうすると、インストールしている拡張機能の一覧が
表示されるので、左下の[Chrome ウェブストアを開く]
選択します。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法

 
 
Chrome ウェブストアが表示されるので、
検索窓に[DELTA]と入力して、[Enter]キーを押下すると、
拡張機能が表示されます。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法

 
 
1番上にデルタトレーサ(DELTA Tracer)が表示され、
[CHROMEに追加]ボタンを選択します。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法

 
 
こんなポップアップ画面が表示されるので、
[拡張機能を追加]を選択すれば、インストール完了です。
 
 
ブラウザ[Google Chrome]の右上に、
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のロゴが追加されていたら、
正常にインストールされています。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のインストール方法

 
 

デルタトレーサ(DELTA Tracer)の使い方

デルタトレーサ(DELTA Tracer)の使い方
デルタトレーサ(DELTA Tracer)の使い方

 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)をインストールして、
どのように使うのか、使い方について、
説明いたします。
 
 
大きく分けて、
Amazonサイトの一覧画面と商品ページ画面に
リサーチに必要な情報が表示されます。
 
 
まず、一覧画面なんですが、通常、
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使わず、
ブルーレイの商品を検索すると
こんな一覧画面が表示されます。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使わない場合
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使わない場合

 
 
次に、デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使った場合は、
こんな一覧画面が表示されます。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使う場合
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使う場合

 
 
商品の画像と価格の間にKEEPAのグラフ
ASIN、JAN、ランクなどの情報が
表示されます。
 
 
通常、KEEPAのグラフは商品ページで表示されるので、
商品一覧で見ることができません。
(他のツールを使えば見ることができますが)
 
 
これにより、
商品の売れ行きやAmazon本体の過去の在庫有無を
商品一覧画面で見ることができます。
 
 
商品ページに遷移することもなく、商品一覧画面で
仕入判断をすることができるわけです。
 
 
この機能が大したことないと思うかもしれませんが、
電脳せどりは「数をこなしてなんぼの世界」なので、
商品ごとに商品ページに遷移していると、
それだけ時間がかかってしまいます。
 
 
商品一覧画面で仕入れ判断できれば、
時間効率をかなり上げることができます。
 
 
次にKEEPAグラフの下にいろいろな情報が追加されていますが、
この中で、嬉しい情報が、
Amazon本体の在庫有無ランクの表示です。
 
 
仕入れる商品の対象は、
あくまでもAmazon本体が在庫切れしている商品なので
商品一覧でAmazon本体の在庫有無が分かれば、
一発で仕入判断できます。
また、ランクの表示もあるので、現在の売れ行きを
確認することができます。
 
 
売れていない商品を仕入れても不良在庫になるだけですからね。
どれくらいのランクなのかは、仕入判断の重要な要素です。
 
 
ちなみに、さきほどの画面では、
「仮面ライダーエグゼイドのコンプリートBOX」
Amazonの在庫がなく、気になりますねー。
 
 
では、この「仮面ライダーエグゼイドのコンプリートBOX」
クリックして、商品ページを見てみましょう。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使った商品ページ
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使った商品ページ

 
 
Amazon本体の在庫が切れていて、
いわゆる、プレ値になっていますね。
 
 
定価が21,600円に対して、
Amazonの現時点での最安値は、23,349円になります。
そして、ショッピングカートは誰でも獲得できていません。
 
 
この商品ページ画面は、あまり変わりはないんですが、
このページから下にスクロールしていくと・・・。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使った商品ページ
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使った商品ページ

 
 
なんだか、見たことある画面が表示されています。
そうなんです!
仕入判断に使うモノレートのような画面です。
 
 
これが、デルタトレーサ(DELTA Tracer)を
インストールすることによって、
Amazonの商品ページの下に表示されます。
 
 
もうちょっと下にスクロールすると、
こんな感じです。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使った商品ページ
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使った商品ページ

 
 
さらにその下までいくと・・・。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使った商品ページ
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を使った商品ページ

 
 
KEEPAのグラフまで表示されています。
 
 
通常、Amazonの商品ページを見て、
モノレートを見て、仕入先を探すという流れが
電脳せどりのリサーチ手順になります。
 
 
なので、必ず、
Amazonページを開いて、
モノレートを開いて、
仕入先のサイトを開いていくわけです。
 
 
結構、面倒くさいんですが、これが当たり前でした。
 
 
しかし、このデルタトレーサ(DELTA Tracer)を使えば、
Amazonの商品ページに仕入れ判断に必要なグラフが
表示されるので、
 
・現在、売れているかどうか
・過去にいくらで売れていたか
・どれくらい売れているか

 
ということを商品ページだけで、判断することができます。
 
 
これって、結構、画期的だと思います!
 
 
さきほどもお伝えしましたが、
電脳せどりは、「数をこなしてなんぼの世界」なので、
リサーチ時間を効率化して、数をこなすことが大切です。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)の機能が
大した事ないように思うかもしれませんが、
電脳せどりのリサーチを実践していけば、
この機能の凄さに気づくと思います。
 
 
いやー、こりゃ、便利だわ・・・。
 
 

デルタトレーサ(DELTA Tracer)一択でしょ

デルタトレーサ(DELTA Tracer)一択でしょ
デルタトレーサ(DELTA Tracer)一択でしょ

 
 
電脳せどりを教えることもあるんで、
電脳せどりを実践している人がどうやっているのか、
実際に見る機会があるんですけど、
やっちゃいけないことがあります。
 
 
それは、何でもかんでも、
ツールをインストールしちゃっているというケース
です。
 
 
ツールは、あればあるほど便利なのは、
否定しませんが、ツールが多くなれば、
それだけ、パソコンに負荷をかけてしまいます。
負荷がかかると、処理速度が落ちてしまい、
画面の描画が終わるまでかなりの時間がかかってしまいます。
 
 
そうなると、何のためのツールか分からなくなります。
 
 
効率化のためのツールなのに、
画面表示に時間がかかって、ツールをいれたことによって、
余計、不便になってしまいます。
 
 
ツールは、スピード感を上げるために、
厳選して、使うべきというのが
私の持論です。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)を知るまでは、
同じような機能を持つ無料ツールは、モノサーチだけだったんですが、
デルタトレーサ(DELTA Tracer)の機能を知って、
今後は、デルタトレーサ(DELTA Tracer)一択かなー
って思います。
 
 
実際に使ってみると、分かるんですが、
仕入先サイトのリサーチも
ボタンひとつでできますからね。
 
 
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のリンクボタン
デルタトレーサ(DELTA Tracer)のリンクボタン

 
 

デルタトレーサ(DELTA Tracer)のまとめ

 
 
この記事では、デルタトレーサ(DELTA Tracer)について、
お伝えいたしました。
 
 
電脳せどりのツールを
知っているか知らないか
リサーチの効率が変わってきます。
 
 
無料のツールでもいいツールはたくさんあるので、
まずは、一度、デルタトレーサ(DELTA Tracer)
使ってみてはどうでしょうか。
 
 
では。



読んでいただいてありがとうございます。


せどり初心者は、
まずこれをしっかり読んでみよう!
↓↓↓





お問い合わせはこちらから