ども。
ゆうえもんです。
 
 
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
 
 
2019年春ぐらいから、Google Adsenseの管理画面に
「要注意-ads.txtファイル~」
というエラーが出るようになりました。
 
 
Google Adsenseの管理画面の上部に
赤色のボックスで常に表示されているので、
気になりますよね。
 
 

 
 
私がブログを教える方たちからも
何人か、このエラーが消えないって
相談がきて、解決策を試してもらったところ、
100%の確率でエラーが消えました。
 
 
おそらく、同じように困っている人は
いると思いますので、
ads.txtのエラーの
対処方法と解決策について、
書きたいと思います。
 
 
この記事では、ads.txtのエラーが
消えない場合のアドセンスの対処方法と
解決策について、お伝えいたします。

ads.txtエラーとは?

ある日、突然、Google Adsenseの管理画面の上部に
このような表示が出てきます。
 
 

 
 

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 
 
ads.txtファイルとは、
自分のアドセンス広告が悪用されることを防ぐために、
必要なもので、
サイトごとにドメイン配下に
配置する必要があります。
 
 
ads.txtファイルを配置する目的は、
自サイトの広告枠の認定販売者として
宣言するためです。
 
 
ads.txtは、なんて読むのか気になり、
調べてみると、「アズテキスト」と
読むようです。
 
 
ads.txtファイルの配置をしていないと、
ads.txtのエラーが表示されてしまいます。
 
 
「急に設置しろ」というわけですが、
ビックリした人も多いと思います。
 
 
Google Adsenseの管理画面に
表示されている方は、
ads.txtファイルの配置が必要です。

ads.txtエラーの対処方法と解決策は?

エラーの対処方法は、簡単です
 
 
(1)ads.txtの作成
(2)ads.txtの内容の修正
(3)アドセンスに登録している
  ドメイン直下にads.txtを配置

 
 
この3ステップで作業完了です。
 
 

ads.txtの作成

ads.txtは、テキストファイルです。
 
 
まずは、テキスト ファイル(.txt)を作成します
 
 
そして、テキストファイル内に次の1行を含めます。
 
 

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ads.txtの内容の修正

次に、「pub-0000000000000000」の部分を
サイト運営者ID に変更します。
 
 
サイト運営者IDは、Google Adsense画面から
アカウントを選択すると表示されます。
 
 

 
 

 
 
サイト運営者IDという部分をさきほどの
ads.txtの「pub-0000000000000000」の部分に
書き換えます。
 
 
これで、ads.txtの修正は完了!

ドメイン直下にads.txtを配置

次に完成したads.txtをドメイン直下に配置します。
 
 
複数のサイトをAdsense登録している場合、
複数のサイトそれぞれにads.txt
配置する必要があります。
 
 
ローカルのads.txtファイルを
サーバーにアップロードしていきます。
 
 
(1) FTPファイル転送ソフトを立ち上げ、
   Wordpressが入っているレンタルサーバーへ接続
(2) ads.txtを設置したいドメイン名をダブルクリック
(3) [public_html]をダブルクリックします
(4) 先ほど作ったads.txtファイルを
   ドラッグ&ドロップでアップロード
 
 

 
 
無料のFTPファイル転送ソフト「FFFTP」
アップロードしてみました。
 
 
次に、本当にads.txtがアップロードされているかの確認は、
このようにURLを打ち込みます。
 
 
https://〇〇〇.com/ads.txt
 
 
※ 〇〇〇はads.txtを設置したドメイン
 
 

 
 
このように表示されれば、
ads.txtが正常に設置されていることが
確認できます。
 
 
アドセンスに登録サイト、すべてに対して、
この設置作業を行います。
 
 
ads.txt設置後、2~3日ほどで、
ads.txtエラーは表示されなくなります。

ads.txtエラーが消えない場合は?

ads.txt設置してから、2~3日ほどで
エラー表示は消えますが、
中には、そのままエラーが残るケースもあります。
 
 
その場合の対応方法を説明します。
 
 
まず、やってほしいのが、
Adsense管理画面に登録している
自分のサイトで、使っていないサイトの削除です。
 
 

 
 
使っていないサイトを削除することで、
エラー表示が消えたケースもあります。
 
 
これでもダメなら、
サブドメインのサイトがある場合、
サブドメインの元となるドメイン配下にも
ads.txtを設置してみてください。
 
 
「〇〇〇.☆☆☆.com」というサイトであれば、
「〇〇〇.☆☆☆.com」だけでなく、
「☆☆☆.com」にもads.txtを設置してみてください。
 
 
これで、エラー表示が消えるパターンもあります。
 
 
いずれかを試せば
数日後にads.txtのエラーは消えていると思います。

まとめ

ads.txtのエラーが消えない場合の
アドセンスの対処方法と解決策について、
お伝えしてきました。
 
 
ads.txtのエラーの消し方を
最近、よく聞かれるので、
まとめてみました。
 
 
ちなみにこのads.txtのエラーを
放置していると、
広告の配信自体が停止となるようです。
 
 

表情3左

ads.txtエラーの放置プレイはダメですよ~!


 
 
早めに、ads.txtのエラーの対処を
してくださいね。



読んでいただいてありがとうございます。


なぜ、電脳せどりを辞めて、ブログで稼いでいるのか?その理由はコチラ


※解除はいつでも簡単にできますので、ご安心ください




ブログは初心者でも文章が苦手でもやり方が分かれば、稼ぐことができます。
↓↓↓


全くの初心者でもずっと稼げなかった方でも独自ノウハウで月収30万円、50万円、100万円と稼げるようになりました。



人生を180度変えたい方やうまく稼げていない方は、
こちらからお問い合わせください

真剣な悩みや相談については、真摯に返信いたします。