ども。
ゆうえもんです。
 
 
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
 
 
ブログで稼ぐためにブログ初心者に人気なのがグーグルアドセンスです。
 
 
グーグルアドセンスの広告をブログに掲載するためには、グーグルの審査が必要です。
 
 
ブログを作成し、グーグルに審査を出したところ、待っても待ってもなかなか合格の連絡がこないという方は多いのではないでしょうか。
 
 
私はこれまでたくさんの方にグーグルアドセンスの取得方法を教えてきましたが、2、3日で、取得できる人もいれば、2週間経過しても、連絡が全くないという人がいました。
 
 
そこで、グーグルアドセンスの審査が長いときの対処方法と審査を早める方法について、お伝えいたします。

グーグルアドセンス取得の流れ


グーグルアドセンスは、グーグルが提供しているクリック型の広告です。
 
 
ブログに貼って、クリックされれば、1クリックおよそ20~30円の報酬が発生します。
 
 
グーグルアドセンスをより詳しく知りたい方は、こちらも見てみてください。
 


 
 
グーグルアドセンスの広告をブログに貼るためには、グーグルの審査が必要です。
 
 
グーグルに審査を出して、合格するまでの流れはこのようになっています。
 
 
(1)ブログを作成する
(2)ブログにある程度の記事を入れる
(3)グーグルアドセンスの審査を受ける
(4)1週間後に、合格の通知がくる

 
 
という感じです。
 
 
ブログを始めてから1ヶ月以内にグーグルアドセンスを取得する人が多いです。

グーグルアドセンス審査に必要な記事数

グーグルアドセンス審査には、ある程度の記事数が必要です。
 
 
審査に必要な記事数は、20記事ぐらいは必要だと言われていますが、私の周りでは、もっとも少ない記事数では、7記事で審査に出して、合格した人もいます。
 
 
薄っぺらい記事ではなく、有益な内容であれば、10記事前後でも十分、合格するものだと思います。
 
 
もちろん、審査に出すときに、アドセンスポリシーに反していないか十分チェックする必要があります。
 
 
Adsense プログラムポリシー
 
 

・家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
・ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ
・衝撃的なコンテンツ
・ご自身や他者を脅したり、危害を加えるよう促したりしているコンテンツ
・個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ
・人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、個人または集団の排斥を促したり、差別を助長したり、誹謗したりしているコンテンツ
・過度に下品な言葉使い
・ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
・望ましくないソフトウェアのポリシー(英語)に違反するソフトウェアやコンテンツ
・不正なソフトウェアやアドウェア
・違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
・絶滅危惧種から作られた製品を宣伝、販売、広告するコンテンツ
・アルコール飲料のオンライン販売
・タバコやタバコ関連商品の販売
・処方薬の販売
・武器、兵器または弾薬 (銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど) の販売
・武器や兵器の強化や組み立て方法(武器や兵器の 3D 印刷、改造キット、8 割方完成した銃部品など)の指南
・授業や講義の課題や提出物の販売、配布
・ユーザーに報酬を提供することで、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ
・その他の違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

 
 
過激なコンテンツやアダルトなコンテンツを書くと、アドセンスに合格しない可能性が高くなります。
 
 
「今日は野球を見に行きました」のような日記でも不合格となる可能性があります。
 
 
一般人の日記に興味を持つ人なんてほとんどいませんからね。
 
 
ブログの記事は、見た人が役に立ったと思える記事を書いていくと、合格する可能性が高まるでしょう。

グーグルアドセンスの審査期間

これまでに審査に通す人をたくさん見てきましたが、グーグルアドセンスの審査にかかる期間は、人によって、まちまちです。
 
 
大きく分けて、3パターンとなります。
 
 
(1)当日中
(2)翌日から10日以内
(3)10日以上

 
 
これまで見ていた感覚からいうと、もっとも多いのが、(2)の「翌日から10日以内」です。
 
 
2019年7月に審査を出して合格した人は、10記事を書いて、審査に出してから、7日間後に合格メールがきていました。
 
 
ほとんどの方がこのケースだと思います。
 
 
次に多いのが、(3)の「10日以上」です。
 
 
「グーグルさん、私のこと忘れてる?」
 
 
って思ってしまいますよね。
 
 
実は、私が初めてグーグルアドセンスの審査に出したときは、合格するまで、2週間以上かかりました(笑)
 
 
「審査を早める方法」を使って、なんとか合格することができましたが…。
 
 
グーグルアドセンスの審査期間って、人によって、なぜ、違うのでしょうか?
 
 
おそらく、記事の内容によって、分類されているんだと思います。
 
 
その基準は、
 
・禁止されているコンテンツじゃない
・有益なコンテンツで役に立つものか

 
なんだと思います。
 
 
明らかに有益である記事が多いブログだと審査が早く、微妙な記事が多いと、審査が長引く可能性が高そうです。
 
 
また、他のブログやサイトのコピーのような記事だと、審査に時間がかかると思います。
 
 
グーグルからすると、コピーコンテンツに広告を貼っても意味がないですからね。
 
 
「役に立つ」かつ「オリジナリティが高い」記事が多いと、グーグルアドセンスの審査はすんなり通るはずです。
 
 
もし、なかなか合格しないなら、記事の質を上げて、追記していくといいかもしれませんよ。
 
 
ちなみに、当日中にアドセンス審査に合格しちゃう方もいます。
 
 
ある程度の期間、ブログをやってて、グーグルアドセンスの審査に出す方とかは、当日中に合格となっていることが多いです。

グーグルアドセンスの土日の審査

審査が長引くと、毎日、メールのチェックが増えると思います(笑)
 
 
結果が出ないまま、土日を迎えると、さらに不安になると思います。
 
 
グーグルも企業なので、土日は休みなので、審査結果は来ないだろうと自分に言い聞かせるかもしれません。
 
 
でも、グーグルの審査は、土日も行われています。
 
 
というのも私が教えた方の中でも、日曜の夜に合格メールがきた方がいます。
 
 
24時間365日、グーグルアドセンスの審査は、行われているだと思います。

グーグルアドセンスの審査が長いときの対処方法

グーグルアドセンスの審査が長いと心配ですよね。
 
 
審査期間にやるべきことは、これまで通り、記事を更新することです。
 
 
審査に出したからといって、記事の更新を辞めるのは、よくありません。
 
 
普段通りに記事を更新して、更新し続けていることをグーグルにアピールしましょう。

グーグルアドセンスの審査を早める方法

もし、審査に出して、1週間以上経過したのに、何もメールが来ない場合は、忘れられているのかもしれません。
 
 
実は、私は、このパターンでした。
 
 
もし、審査に出して、1週間以上経過しているなら、「AdSense審査状況確認フォーム」を利用してみるといいです。
 
 
AdSense審査状況確認フォーム
 
 
AdSense審査状況確認フォームには、名前、サイト運営者ID、メールアドレス、URLを入力し、コメントも入力して送信します。
 
 
コメントには、丁重に、
 
 
「既に1週間以上経過しましたが、審査結果が通知されていないので、ご連絡させて頂きました」
 
 
と書くといいでしょう。

グーグルアドセンスの合格メール

グーグルアドセンスの審査に合格すると、このようなメールがきます。
 
 

 
このメールが来れば、グーグルアドセンスに合格したことになります。
 
 
合格すれば、ブログに広告を貼って、収益化していきましょう。
 
 
ブログでもやり方次第では、1ヶ月で月収10万円は達成できますからね。
 
 

まとめ

グーグルアドセンスの審査が長い場合の対策と早める方法について、お伝えいたしました。
 
 
ブログで稼ぐための最初のハードルとなります。
 
 
グーグルアドセンスの審査は、そこまで厳しくないですし、役に立つ記事を書けば、きっと合格します。
 
 
もし、不合格となっても、もう一度、記事を見直して、再チャレンジするといいです。
 
 
グーグルアドセンスが取得できれば、アクセスを集めるだけで収入をアップさせることができます。



読んでいただいてありがとうございます。


なぜ、電脳せどりを辞めて、ブログで稼いでいるのか?その理由はコチラ


※解除はいつでも簡単にできますので、ご安心ください




ブログは初心者でも文章が苦手でもやり方が分かれば、稼ぐことができます。
↓↓↓


全くの初心者でもずっと稼げなかった方でも独自ノウハウで月収30万円、50万円、100万円と稼げるようになりました。



人生を180度変えたい方やうまく稼げていない方は、
こちらからお問い合わせください

真剣な悩みや相談については、真摯に返信いたします。