ども。
ゆうえもんです。
 
 
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
 
 
WP QUADSはワードプレスのプラグインで、
アドセンス広告を記事内に
簡単に貼り付けることができます。
 
 
アドセンスコードを記事内に貼らなくても、
ショートコードを使って、
簡単に広告を設置することができます。
 
 
また、WP QUADSで設定を行えば、
自動でブログの記事内に広告を設置することも
できます。
 
 
アドセンス広告の自動設置
WP QUADSでできるというのは、
知らない人も多いのではないでしょうか。
 
 
WP QUADSは、直接、
PHPなどのコードを触ることもないので、
安心して、利用することができます。
 
 
この記事では、
WP QUADSの設定方法と使い方、
エラーで広告が表示されない場合の
対処方法について、お伝えいたします。

WP QUADSはアドセンスのプラグイン

「WP QUADS」とは、
ワードプレスのプラグインで、
アドセンスコードをショートコードで貼りつけたり、
自動で広告表示をすることができます。
 
 
アドセンスとは、Googleが提供する広告で、
Google Adsenceのこと。
クリックするだけで報酬が発生するので、
ブログ初心者にもオススメの稼ぎ方です。
 
 


 
 
アドセンスは審査があり、
合格すれば、アドセンスコードを
もらうことができます。
 
 
そのアドセンスコードをブログに設置すると、
Google Adsenceの広告が表示されます。
 
 
「WP QUADS」では、
直接広告を貼らなくても、
ショートコードや自動表示で
広告を設置することができます。

WP QUADSのインストール方法

ワードプレスのプラグイン「WP QUADS」
インストールし、設定を行っていきます。
 
 
まずは、ワードプレスの「プラグイン」から
「新規追加」をクリックします。
 
 

 
 
「WP QUADS」と入力し、
Enterを押下すると、
プラグインが表示されます。
 
 

 
 
プラグインの中から、
「WP QUADS」
「今すぐインストール」ボタンを
クリックします。
 
 
インストール中に表示になり、
「WP QUADS」
インストールが始まります。
 
 
インストールが終わると、
「今すぐインストール」ボタンの表示が
「有効化」というボタンに変わるので、
「有効化」ボタンをクリックします。
 
 
これで、「WP QUADS」
インストールは完了となります。
 
 
次に「WP QUADS」
設定を行います。

WP QUADSの設定方法と使い方は?

「WP QUADS」を有効化すると、
サイドメニューにこのように表示されます。
 
 

 
 
「Ad Settings」をクリックすると
このような設定画面が表示されます。
 
 

 
 
Google Adsense管理画面で作った広告の
アドセンスコードをコピーします。
 
 
コピーしたアドセンスコード
[GENERAL]→[ADS]Ad1に貼りつけます。
 
 

 
 
[Layout]はアドセンス広告の表示位置なので、
中央寄せに設定します。
 
 
[ADS]項目には、Ads1、Ads2‥‥と、
全部で10個のアドセンスコードを
割り当てることができます。
 
 
貼ったアドセンスコードを記事に貼りつけなくても、
ショートコードを記事に貼れば、
アドセンスコードが表示されるようになります。
 
 
アドセンスコードを貼りつけるテキストボックスの上に
[Adsense]か、[Plain Text]か選択するところが
ありますが、広告と一緒に「スポンサーリンク」
表示したい場合は、[Plain text]
選択します。
 
 
設定が完了したら、「変更を保存」
クリックします。
 
 
Ads1と同じように、Ads2、Ads3も設定しておくといいでしょう。
 
 
例えば、
 
 
・最初の見出しの上に広告設置
・記事の途中で広告設置
・記事下に広告設置

 
 
と設置するならば、
 
 
Ads1 → 最初の見出しの上に設置する広告のアドセンスコード
Ads2 → 記事の途中で設置する広告のアドセンスコード
Ads3 → 記事下に設置する広告のアドセンスコード

 
 
と、設定しておくといいでしょう。
 
 
次に記事下に自動で広告が表示する方法をお伝えします。

記事下への自動広告設定

記事の一番下の広告は、どの記事でも表示するので、
自動で表示させる設定をしたほうが効率的です。
 
 
自動で表示させる設定は、「WP QUADS」
簡単に行うことができます。
 
 
サイドメニューから「Ad Settings」をクリックし、
[GENERAL]→[GENERAL & POSITION]を選択します。
 
 

 
 
上から3番目の「Assign 〇〇 to End of post」
という項目にチェックを入れます。
 
 
チェックを入れると、貼りつける広告が選択できるので、
さきほど記事下の広告を設定した「Ads3」を選択しましょう。
 
 
選択したら、「変更を保存」をクリックします。
 
 
これで、記事下に自動で広告が表示されます。

記事への広告の貼り方

「WP QUADS」では、
記事にショートコードを貼りつけて
手動で広告を表示させる方法
先ほど記事下の広告を設定したように
自動で表示させる方法があります。
 
 
まずは、記事に手動で広告を表示させる方法から
説明していきます。

記事に手動で広告を表示させる方法

「WP QUADS」でアドセンスコードの設定をすると、
ショートコードが生成されます。
 
 
記事では、そのショートコードを貼るだけで、
アドセンス広告を設置することができます。
 
 

 
 
記事投稿画面では、
[Ads1]、[Ads2]、[Ads3]のボタンが
追加されています。
 
 
[Ads1]ボタンをクリックすると、
記事にショートコードが表示されます。
 
 
このショートコードを記事に書くだけで、
アドセンス広告を簡単に表示させることができます。
 
 
アドセンスコードをそのまま記事に貼ると、
10行ぐらいになり、かなり見にくいので、
このショートコードを使えば、
シンプルで見やすくなります。

記事に自動で広告を表示させる方法

「WP QUADS」には、記事にショートコードを
わざわざ貼らなくても自動で広告を表示することができます。
 
 
サイドメニューから「Ad Settings」をクリックし、
[GENERAL]→[GENERAL & POSITION]を選択します。
 
 
この画面で自動的に表示させる広告を
設定することができます。
 
 

 
 
チェックボックスにチェックを入れることによって、
広告の自動表示の設定を有効化します。
 
 
英語なので、それぞれの意味が分かりづらいので、
説明していきます。
 
 
(0) ads on a page.
1つの記事内にアドセンス広告を
最大で、何個表示させるか
制限をしないか、もしくは、
制限数(20個まで)を設定できます。
 
(1) to Beginning of Post
記事の始まりに広告を表示させます。
 
(2) to Middle of Post
記事の中間に広告を表示させます。
 
(3) to End of Post
記事の終わりに広告を表示させます。
 
(4) right after the <--more--> tag
[more]タグの場所に広告を表示させます。
 
(5) right before the last Paragraph
最後の見出しの前に広告を表示させます。
 
(6)〜(8) After Paragraph
指定した見出しの場所の後に広告を表示させます。
 
(9) After Image
指定した画像の後に広告を表示させます。
 
 
自動で表示させたい場所にチェックを入れ、
[Random Ads]を選択すると、
「Ad」の中からランダムで選ばれ、広告が表示されます。
 
 
「Ads1」など任意で選択すれば、
選択した「Ads1」で設定した広告コードが
自動で表示されます。
 
 
記事ごとにショートコードを貼りつけるのが
面倒だという方は、
自動で設定しておくといいでしょう。
 
 
一般的によく使うのは、(1)、(3)、(4)ですね。
 
 
ちなみに、最近のワードプレスのテンプレートは、
とても優秀で、テンプレート自体に
「WP QUADS」と同等の機能があったりします。
 
 
無料のワードプレステンプレートの
「Cocoon(コクーン)」などは、
「WP QUADS」を入れる必要はなさそうですね。
 
 

広告が表示されないエラー対処法

ごくまれに「WP QUADS」でエラーが出てしまうことが
あります。
 
 
「Error: Can not save settings. Try again」
 
というエラーで、このエラーが出た場合、
保存をすることができません。
 
 
このエラーが出た場合は、
ワードプレスの問題ではなく、
レンタルサーバー側の設定の問題のようです。
 
 
「エックスサーバー」では
このエラーは出ることはありません。
 
 
「ロリポップ」などのサーバーを使っていると
このエラーが出ることがあり、
理由は、WAF設定が「有効」になっているからです。
 
 
「ロリポップ」なら、管理画面で、
[セキュリティ]から[WAF設定]を選択し、
「無効」に設定することが解決します。
 
 
「無効」にしてすぐに「WP QUADS」の保存が
できるわけじゃないので、30分ほど経過してから
試してみてください。
 
 
「WP QUADS」の保存が完了したら、
WAF設定を有効に戻しておきましょう。

まとめ

「WP QUADS」の設定方法と使い方について、
お伝えしました。
 
 
「WP QUADS」は、広告のショートコード設定だけでなく、
自動表示することもできます。
 
 
この記事を参考にして、「WP QUADS」の設定をして、
効率化をはかっていきましょう。
 
 
他のプラグインでは、こちらもオススメです。
 
 


 

 
 
トレンドアフィリエイトの詳しいやり方などは、
無料でプレゼントしている
「ブログロケットスタートマニュアル」
読んでみてくださいね。



読んでいただいてありがとうございます。


なぜ、電脳せどりを辞めて、ブログで稼いでいるのか?その理由はコチラ


※解除はいつでも簡単にできますので、ご安心ください




ブログは初心者でも文章が苦手でもやり方が分かれば、稼ぐことができます。
↓↓↓


全くの初心者でもずっと稼げなかった方でも独自ノウハウで月収30万円、50万円、100万円と稼げるようになりました。



人生を180度変えたい方やうまく稼げていない方は、
こちらからお問い合わせください

真剣な悩みや相談については、真摯に返信いたします。