ども。
ゆうえもんです。
 
 
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
 
 
4DXってご存じでしょうか?4DXは、最先端の体感型シアターで、映画と連動して、モーションシートが動いたり、香り、フラッシュなどエフェクトによってよりダイナミックに楽しめる映画です。
 
 
4DXの存在は、知っていたんですが、なかなか行く機会がなく、行けてませんでしたが、最近、ついに、4DXデビューをしました。
 
 
4DXの映画を見るのに、ひとりで楽しむのもなんなんで、子供も連れて行こうと思ったけど、そもそも、4DXって子供が行っても大丈夫なのか。
 
 
そんなことが気になってしまいました。
 
 
私の子供は、園児で年長なんですが、5、6歳あたりの子と一緒に4DXを見に行っても大丈夫なのか、気になる人も多いと思うので、お伝えしたいと思います。

4DXとは?


映画館へ行くと、人気映画なんかは、通常版と4DX版があります。
 
 
まだ、4DXを見たことがない人はめちゃめちゃ気になると思います。4DXは、簡単にいうと、「映画を体感する」という言葉がぴったりだと思います。これまでは、映画は見るものでしたが、4DXは、「体感する」って感じです。
 
 
映画の映像自体は、通常の映画と変わりませんが、大きな違いは、座席です。
 
 
座席は、モーションシートになっていて、前後上下可動し、バイブレーション振動もあって、映像と連動して動きます。
 
 
そのほかには、シアター内のフラッシュ、香り、風、雨、泡、煙、ミスト、嵐、雪、熱風とあらゆる演出があります。
 
 
まぁ、とにかく、退屈な映画だったとしても、4DXは退屈しません。もちろん、眠たくても寝れません。
 
 
簡単にいうと、遊園地のアトラクションと思ってもらったら、分かりやすいと思います。
 
 
風が顔がガァーーーと当たったり、プシュッと水がかかったり、ゴリゴリゴリと座席が振動したり、座席自体は傾いたりします。ほとんど擬音語になっちゃいますが、実際、4DXを表現すると、そんな表現になっちゃいます。
 
 
映画が苦手という人でも楽しめるわけですね。
 
 
4DXの料金は、TOHOシネマのMX4Dだと、通常の映画料金にプラスして、1,200円がかかります。
 
 
私は子供と2人で「コナン 紺青の拳」の4DXを見に行ったので、
 
 
・一般 1,900円+1,200円 = 3,100円
・3歳以上 1,000円+1,200円 = 2,200円
 
 
子どもと2人で、5,400円という映画料金となりました。結構な金額だ‥。
 
 
なぜ、「コナン 紺青の拳」を選んだかというと、私がコナン好きだったり、子供がコナン好きだったりするわけではありません。
 
 
4DXの選択肢は多くなくて、「ワイルドスピードスーパーコンボ」か、「ライオンキング」か、「コナン 紺青の拳」だけでした。
 
 
子どもと行くなら、「ライオンキング」なんでしょうけど、残念ながら、「ライオンキング」は、18時からしかなくて、日中に見れるのは、「コナン 紺青の拳」だけだったんで、「コナン 紺青の拳」となりました。
 
 
まぁ、消去法ですね(笑)
 
 
「4DXに子供と初参戦するぜーっ」ってなったときに、不安を感じたんですよね。実は、私の子供は、乗り物が苦手だったりします。
 
 
車に乗るのも嫌なぐらい、乗り物がダメなんです。4DXもある意味、乗り物なので、大丈夫かなーって不安に思いました。おそらく、同じように思ってるパパは世の中に5人はいると思います(笑)

4DXって、子供や園児は大丈夫?

4DXって、誰でもOKってわけではありません。身長制限があります。
 
 
身長は、100cm未満だと利用できません。そして、120cm以下の子供だと、保護者と一緒である必要があります。
 
 
子どもによって身長は変わってくると思いますが、100cm以上なので、おそらく園児なら、大丈夫な可能性が高いです。
 
 
息子がモーションシートに座ったら、足置きに足が届かず、宙ぶらりんでした。なので、足元の演出は、楽しめてないと思います。
 
 
で、気になるのは、乗り物が苦手子供でも楽しめるかというところですが、息子は乗り物苦手ですが、全く問題なく楽しめました。
 
 
4DXの演出に、結構、ゲラゲラ笑ってましたねー。声がデカイので、隣に座っている女子高生に若干、白い目で見られていました(笑)
 
 
4DX自体は、全く問題ないので、5、6歳ぐらいの子供と一緒に4DXを観に行ってもきっと楽しめると思います。多少、映画がつまらなくても、4DXの演出で楽しんでくれると思います。
 
 
初4DXということで、記念撮影しておきました。
 
 

初4DXは子供と行って、ちょっと失敗だった

初4DXは、私と息子もそれなり楽しめましたが、「コナン 紺青の拳」を観たこと自体、失敗だったかもしれないですね。
 
 
コナンはアニメ映画だけど、内容は子供向けとは言いにくいですよね。
 
 
特に「コナン 紺青の拳」は、舞台がシンガポールなので、子供は、まず、「シンガポールって何?」から疑問に思うと思います。
 
 
そして、舞台がシンガポールだけに、英語で話すシーンがたくさんあり、その間は、すべて字幕となります。字幕は、ふりがながあるけど、短時間の字幕なので、ついていけないはず。
 
 
また、シンガポールに出国とかいうシーンあって、そういうのも何のことかよく分からないかもしれないですね。
 
 
で、コナンの1番の醍醐味である推理の部分とか、園児だと頭の中で整理できないんじゃないかと。
 
 
そんなこともあって、失敗だったなーって思いました。「トイストーリー4」のときに、4DXは行くべきだった気がしますね。
 
 
とは言え、映画の内容を理解しているかどうかはともかく、息子は、初4DXに満足してみたいで、楽しんでいたようで、よかったよかった。
 
 
今度は、子供が分かる映画で、4DXにチャレンジしたいと思います。
 
 
映画が終わり、TOHOなんばの近所のエディオンなんばのラーメンテーマパークで夕食をとりました。

エディオンなんばのラーメンテーマパーク


エディオンなんばのラーメンテーマパークって、いつ行っても、空いてるイメージ。
 
 
今回は、金田家のとんこつラーメンをいただきました。
 
 

 
 
あわあわなとんこつラーメンで、味は単調なので、食べた瞬間は美味しかったけど、食べていくと、飽きてくるって感じかな。前に食べた「和海」のほうが美味しかったかな。
 
 
ラーメンパークには、他にもお店があるので、機会があれば、他のお店もチャレンジしたいと思います。気になるのは、「吉山商店」かな。

まとめ

親子で初4DXを楽しんできたので園児や子供と行って大丈夫かどうかについて、お伝えしました。
 
 
乗り物酔いする息子でも、4DXは楽しめたようなので、大丈夫だと思います。ただ、子供が見たいと思った映画の4DXを行ったほうがより楽しめると思います。
 
 
ちなみに、日中の上映時間に4DXを見たわけですが、園児+お父さんという組み合わせは私だけでした(笑)
 
 
小学生+お父さん(お母さん)という組み合わせはそこそこいたかなー。
 
 
そんな感じです。



読んでいただいてありがとうございます。


なぜ、電脳せどりを辞めて、ブログで稼いでいるのか?その理由はコチラ


※解除はいつでも簡単にできますので、ご安心ください




ブログは初心者でも文章が苦手でもやり方が分かれば、稼ぐことができます。
↓↓↓


全くの初心者でもずっと稼げなかった方でも独自ノウハウで月収30万円、50万円、100万円と稼げるようになりました。



人生を180度変えたい方やうまく稼げていない方は、
こちらからお問い合わせください

真剣な悩みや相談については、真摯に返信いたします。