ども。

せどりは、アマゾンで販売する
アマゾンせどりが
スタンダードと言えます。

アマゾンで販売するメリットは、
なんといっても、集客力。
どんな商品であっても、売れる!!
人気商品なんかは、
1日数十個、数百個
売れたりします。

 
 

カートの爆発力

 
 
初めて、アマゾンせどりで、
販売すると、
その売れ方に驚くと思います。
 
 
アマゾンでは、既に販売する商品の
商品ページがあり、
仕入れた商品を既存の商品ページに
出品することが多いパターンでしょう。
 
 
商品ページを一から作るわけではないので、
非常に出品作業は楽だと言えます。
 
 
1つ商品の対して、たくさんの出品者が
販売することになります。
 
 
では、どの出品者から売れるかというと、
「1番安い価格の出品者」から
売れると普通は、考えます。
 
 
しかし、アマゾンはちょっと違います。
 
 
アマゾンには、
【ショッピングカート】という仕組みがあります。
 
 

ショッピングカートの具体例

 
 
例えば、この商品を見てみましょう。
 
 

アマゾンのカート
アマゾンのカート

 
 
ショッピングカートは、
10,500円の出品者がとっています。
しかし、最安値ではありません。
 
 
最安値は、9,550円です。
出品者一覧を見て、確認してみましょう。
 
 
出品者一覧
出品者一覧

 
 
最安値は、9,550円+送料350円で、
価格は、9,900円です。

 
 
しかし、ショッピングカートは、
10,500円です。
 
 
アマゾンでは、
ショッピングカートから
売れる可能性が高いです。

 
 
商品ページから1クリックで
購入することができるため、
わざわざ、出品者一覧に行き、
購入する購入者は、少ないと言えます。

 
 
ということから、
アマゾンでより売れるようにするためには、
いかにショッピングカートをとれるように
するかが大切になります。

 
 
「カートを制する者がアマゾンを制す」
ということなんです。
 
 
ショッピングカートを獲得するための
条件は、アマゾンが公式には、
明かしておりません。
 
 
しかし、販売の経験値があがると、
色んなパターンが見えてきます。
 
 

ショッピングカート獲得条件

 
 
最安値から1,000円以上高くても
ショッピングカートは、
とれる可能性があります。
 
 
ショッピングカートをとる要素のひとつとして、
アマゾンFBAで販売することが挙げられます。
 
 
自己発送よりアマゾンFBA(プライム)で
販売すると、自己発送より多少高くても
ショッピングカートをとることができます。

 
 
ということは、
自己発送の出品者が1社だけの出品物を
アマゾンFBAで出品すると、
ショッピングカートを独占できる可能性を
秘めています。
 
 
このロジックが分かると、
アマゾン刈り取りに応用することができます。
 
 
つまり、自己発送の商品をアマゾン刈り取りし、
アマゾンFBAでアマゾン倉庫に納品すれば、
ショッピングカートを獲得し、
利益を得ることができるのです。
 
 

ショッピングカートが肝

 
 
他にもショッピングカートには、
色々な裏技が存在します。
 
 
ショッピングカートの仕組みを
理解できれば、
より高く販売することができます。
 
 
ただ、このショッピングカートの仕組みは、
年々仕様が変わっていきます。
 
 
仕様が変われば、
売り上げに直結するぐらい、
重要な仕組みです。
いろいろ価格変更して、試してみると
色んなことが分かってきますので
試してみてくださいね。

 
 
 
 
 
では。



読んでいただいてありがとうございます。


せどり初心者は、
まずこれをしっかり読んでみよう!
↓↓↓





お問い合わせはこちらから